第1話 彼女探しの旅

2018年5月21日

スポンサーリンク

彼女を探し求めて旅をし始めたわけじゃないけど、旅をし始めたらその土地その土地で彼女が出来たから結果的にそうなった。

始めて一人で海外に住み始めたのが2010年の秋。私が23歳になったすぐ後だった。10代の頃からずっと海外に行くことが夢だったけど、貯金が無くなかなか実現しなかった。東京のIT企業で1年半ほど働き、200万円ほど貯金をしてやっと行ける準備は整った。

渡航先は簡単に決まった。留学するにはお金が無さすぎるし、働きながら生活ができるオプションがワーホリぐらいしかなく、更に英語圏だけにしぼると国が限られてくる。前からアメリカにあこがれていたから、アメリカから一番近いカナダにした。案外単純。

あともう一つの理由、海外ドラマ「Lの世界」(The L Word)を見て影響されたから。

Lの世界

これが本当の一番の理由だったかもしれない。Lの世界の舞台はロサンゼルスだけど、その撮影のほとんどがバンクーバーでされている。撮影に携わったクルーもビアンが多かったらしい。これは絶対バンクーバーにビアンがたくさんいるに違いない。

「Lの世界」を見てどれだけ人生観が変わったかは正直言い表せない。見たときは本当にこの世にこんな世界があるんだなんて信じられなかった。二丁目にも行ったことが無い私にレズビアンなんて本当に存在するなんて知る機会もなかったし、それこそ存在してはいけないことだと何となく思っていた。

このドラマを見て気づかされた。

女の子が女の子を好きになってもいいんだ!

スポンサーリンク

何かどこかで誰かに許された気がした。

Lの世界を見た後でも、女の子に出会うために、どう行動に移していいかわからず、結局日本では何もできなかった。海外だったらもし失敗しても帰ってきてやり直せばいいやぐらいの甘い考えでいたのかもしれない。

もしかしたら何か出会いがあるかもしれない。そんな淡い期待の中、2010年の秋、バンクーバーに移り住んだ。

Vancouver

その後、計5年間ほどカナダ、アメリカ、オーストラリアで生活して、帰国後東京に2年間滞在。この7年間は本当に色んなドラマがあった。人生の30年ほどはあるんじゃないかと思うぐらい密度の濃い経験をしてきた。

 

人生初の女の子とのファーストデート

初めて行ったレズビアンバー

初めての外国人の彼氏、ジェームスとの出会い

カナダ、アメリカ、オーストラリアの世界最大規模のLGBTプライドパレード

ジェームスの親友のゲイ友達、カルロス(25歳)のお葬式

初めての彼女、アリソンとの出会い

アリソンからの暴力、アメリカで警察への連行

度重なる暴力、逃げられない私

オーストラリアでの女の子たちとの出会い

運命の人、カルメンとの出会い

カルメンとの婚約

初めて目にしたドラッグ

アリソンのストーカー化

Googleでの仕事

日本での様々な国の様々な女の子たちとの出会い

スペイン移住への決断

 

…そんな今日までの過去と経験を、実際に振り返って綴っていく。

スポンサーリンク